2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴 作ってみました。 - 2016.09.04 Sun

お久しぶりであります。

ず~っとログインしてなかったので、

ログインの仕方が分からなくなっちゃって、参りました

何度もやり直し、やっとの思いで成功しました。

良かった!!!


.....

ブログの更新をするには、どうすれば良かったっけ?


.....自分が  嫌になる ..

っま、何とかなるものですね。


早速ですが、

以前から、靴を作れるようになりたいと思っておりました。

僕、 大足なんです。

っといっても28cmですが、横幅が広くって困っていました。

靴を作るためのスクールがたくさんあるのですが、そんな時間もお金も無く、

独学でやるぞと、最初に購入したのでこの本
DSC02214.jpg

最低限の道具も一緒に購入しました。

靴を作る皆さんには、かなり有名な本みたいです。

この本、中身が面白い。ものすごく参考になりました。

この本だけで、何となくですが、靴が作れるほどです。

初めてのことばかりで、ほんとに面白い!


まずは「ラスト」っていう靴の木型がこれです。
DSC02212.jpg
 
28cmですねぇ~。

このままでは、横幅が足りないので、パテで修正します。

こんな感じ。
DSC02255.jpg

DSC02253.jpg
この後、サンドペーパーで、ものすごい勢いで修正してお気に入りの形に整えます。

そこに、紙テープを貼り、靴のデザインを書き入れます。
PA110519.jpg
この時 どえりゃー 楽しかったです。 ワクワクが止まらなかったですねぇ~

そのテープを元に、靴の型紙を作り、革に転写します。
PA200521.jpg

そして、そしてそしてカット!
PA230523.jpg

革が重なる部分の漉き加工をして、
PA310525.jpg

まずは、カカトの部分から
PB040526.jpg
お~  カカトの丸みが出てます。

型紙をキチンと作れば、形になるものですね。

つま先の部分に「先芯」っていうものをいれます。専用のものもあるそうですが、僕は1.5mmのヌメ革で
PC090529.jpg

っでこんな感じになりました。
PC260532.jpg

PC310538.jpg

だいたい形になってきました。

今度は、靴底の外周をグルリと縫います。
P1010545.jpg

本底のゴム板をくっ付けて、真鍮の釘で固定。

染色して、靴紐通して、完成しました。 
P2180556.jpg

P2230578.jpg

履き心地は、 .。

市販のものでは、窮屈だった部分が、想像以上にブカブカで、靴紐でギュッと締めて。

本底が、普通のゴム板を使ったため、普通に歩くだけでトレーニングになる感じですかねぇ。

何はともあれ、大満足であります。

ながなが、ありがとうございました。

では、また!!


スポンサーサイト

ミシン買っちゃったー! - 2015.03.09 Mon


衝動にかられて、

買っちゃいました。

一度も触ったことが無いのに、

ミシン!ミシン!ミシン!ピンクの!


こんなやつ
ミシン
見た目でも分かるように、かなり古い家庭用ミシンで、めっちゃ重い

私と同い年くらいのものを、ミシン屋さんがオーバーホールしてくれたもの。

いろいろ調べて、「家庭用ミシンでも、古い直線縫い専用ミシンはある程度の革も縫える!」

っということだけ信じて買いました。

まったく触ったことの無いミシンでしたが、

機械いじりも好きなので、

いろいろいじって調整して、試して、調整して、試しての繰り返しで

何とか普通に縫えるようになりました。

これからミシンの練習も暇みてやるぞ!!。

ゆくゆくは、革シャツ作ってやる!


では!

手動革漉き機完成! - 2015.02.21 Sat

スエーデン製の手動革漉き機って知ってますか?

こんなものが有ったのか!っと値段を見ると...  

お~ なるほど ザ ワールド(古!) 結構なお値段。

ということで、

皆さんのブログ等々いろいろ調べていると、

なんと自作されている方が居まして、

その方も、スエーデン製の革漉き機を参考に作られていました。

「その辺に転がっていた鉄などの金属で作りました。」っとそのブログにありましたが、

その完成度たるや、びっ  びっくりしました。

すばらしい! ホントにびっくりです。 欲しい!

そこで、僕はその方の自作革漉き機を参考に、

頭の中で設計図を書き、

ホームセンターで部材を購入。

知り合いの鉄工所へ行って「ここ溶接して!」とお願いし、

鉄板に穴を開けたりなどなど

やっとの思いで完成です。

こんなんです。
手動革漉き機①

手動革漉き機②

手動革漉き機③

何だかわかりませんね~。

まだ刃が付いていないのでもっと分かりにくい。

これで革が漉けるはずです。

上手に漉けたらまたアップします。

漉けなかったらお蔵入りだ!!


では、次回まで

3度目の修理 - 2015.01.31 Sat

以前にもアップしたのですが、

ワニ革の財布を持つ僕の仲良しの職人さん。

またまた修理の依頼です。

仕事中にもこの財布を持ち歩いていて、

狭いところでコンクリートでスリスリ

しゃがんだ途端に、ペンキ塗りたての床にポトリ...。

過酷な使用状況に耐えている財布なのです。

修理前の写真は撮り忘れちゃった

ファスナー部分がやっぱりコンクリートでスリスリしたのか、ズタぼろでした。

っで、修理してこんな感じ。
ワニラウンドファスナー修理0

あと、ワニの凸凹に付いちゃったペンキの補修
ワニラウンドファスナー修理2
一生懸命拭き取ったのが1年前、

時間が経てば取れるかなぁと思ったのですが、これくらいは残ってしまいました。

そこで靴用の補修クリームを摺りこんでみると、
ワニラウンドファスナー修理3
こんな感じで目立たなくなりました。

艶が若干なくなってしまいますので、ラナパーで艶出しして完了!。

明日一緒に仕事をするので渡します。

喜んでくれると良いですが。

何より、修理しても永く使ってくれることがうれしいですね。


4回目の修理、お待ちしています。





なんちって!


では!


復活できるかな? - 2015.01.30 Fri

長い間、

ブログ更新できなくって、

ストレス溜まりまくりです。

世の中、景気が少しづつ良くなってきているのでしょうか。

お蔭様で、本業の方で忙しくしていました。

革製品を作って、完成した時にストレスを発散している僕にとって、



辛かったですぅ~。 ホント!

でも、その間何も作っていなかった訳ではなく、

少しづつではありますが、やっていました。

これ、娘のリクエストのラウンドファスナー
ラウンドファスナーインレイチャート
初めてのイントレチャートで苦労しました。

「ファスナーはこれにしてね!」などと カラフルなものになってます。
ラウンドファスナーインレイチャート2


もう少しで、自分の鞄が出来ます。

出来ましたらアップしますね!

ありがとうございました!!。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

slws

Author:slws
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
レザークラフト (80)
真鍮の細工 (11)
ビーズ (5)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。